2007 6月 29日

論文紹介 著者:Niemela M 

著者:Niemela M他
タイトル:Lack of specific symptomatology in children with acute otitis media

(目的)上気道炎などの急性疾患中にAOMを示唆する症状を明らかにする
(方法)小児科4、耳鼻科3、GP14の外来を訪れた急性疾患患者354名を対象。期間は3月、4月の2ヶ月間。AOMの診断は急性症状+中耳貯留液(Pneumatic otoscopyで確認)。
(結果)191名AOM例 vs 163名non-AOM例 で急性症状のrelative riskを比較。有意差がみられたのは耳痛、耳を触る、耳を押さえること。それ以外の症状、例えば熱、鼻汁、咳、不機嫌、食欲低下、嘔吐、結膜炎、喘鳴な どには差はみられなかった。
(結論)AOM(特に2才以下では!)に特異的な症状はない

全文は以下からダウンロードして下さい。Niemela M

りんご先生勉強室