2008 2月 04日

乳幼児期の尿路感染床症

尿路感染症とは

    尿の通り道(尿路)のうち、腎盂に感染がおこった場合を腎盂腎炎、膀胱に感染がおこった場合を膀胱炎といいます。このふたつをまとめて尿路感染症といいま す。乳幼児期の尿路感染症は症状がはっきりしないことが多く、診断がむずかしいものです。 とくに腎盂腎炎は繰返すと腎臓に障害を残すことがあり、再発を予防することが大切です。

検査

    尿、血液の検査に加えて、入院中に腹部エコー、退院前に排尿時膀胱尿管造影をします。尿路感染症を今後繰返す可能性がないかの検査です(裏面参考)。

治療

    抗生剤の点滴静注をします。熱が下がって尿がきれいになれば点滴をやめて内服抗生剤に変更します。

退院後に気をつけて欲しいこと

(1)水分を多めに 身体のなかの細菌を洗い流す様な気持ちで水分を多めに。
(2)おしっこ おしっこを我慢しないこと。
(3)便秘 便秘が続いていると尿路感染症になりやすいので、毎日 うんちする習慣を。
(4)抗生剤内服 予防内服が必要な場合は飲みわすれのない様に。
(5)定期的検診 たいていは1ヵ月に1回

▲戻る

by admin under 子どもの病気

2008 2月 04日

伝染性紅斑(りんご病)

伝染性紅斑(りんご病)とは

    ほっぺがりんごの様に赤くなるので、りんご病とよばれています。太ももや腕には赤い斑点やまだら模様ができます。頬がほてったり少しかゆくなることもあります。熱はでても微熱です。但し、大人がかかると、微熱がでたり腰や膝の関節が痛むことがあります。

治療

    自然に治りますが、かゆみが強いときはかゆみ止めを処方します。

家で気をつけてほしいこと

食べ物 いつもどうりでかまいません
入浴 入って構いません。但し、熱い風呂に長風呂すると赤みが強くなって長びくことがあります
学校・保育園 行っても構いません。頬が赤くなる時期には伝染力はなくなっています
兄弟にもうつる 潜伏期間2週間くらいで発症します
運動・日光 運動で体が熱くなったり日光に長くあたったりすると、お風呂と同じ理由で赤みが長びきます

こんな時はもう一度診察を

  1. かゆみが強くなってがまんできない時
  2. 高い熱がでた時
  3. 元気がなくなってきた時
  4. 妊婦が感染してしまった時や感染の可能性がある時はかかりつけの産婦人科医に御相談下さい

▲戻る

by admin under 子どもの病気

2008 2月 04日

アトピー性皮膚炎

アトピー治療の三原則

  1. 清潔と保湿のスキンケア
  2. 外用薬の適正使用
  3. 「絶対にかかない!」

「清潔」と「保湿」が治療の基本です
清潔

    お風呂はゆっくり5分以上つかる
    熱いお風呂はダメ(痒くなるので)
    せっけんは泡立てて手のひらで
    タオルでごしごしはダメ
    風呂上りには せっけん、シャンプーを完全に洗い流す

保湿

    風呂あがり3分以内に保湿開始!
    保湿剤1回で塗る量は多めに

▲戻る

by admin under 子どもの病気

2008 2月 04日

毛虫皮膚炎

毛虫皮膚炎とは

    毛虫の有毒毛による皮膚炎を「毛虫皮膚炎」といいます。
    毛虫に直接さわらなくても毛虫がついた木のそばで遊んだり、洗濯物を木のそばに干してあるだけで写真のような発疹ができてしまいます。
    毛虫の有毒毛に触れると最初は少し痛くて痒いだけですが、1〜2日たつと赤い発疹になります。

治療と対策

  1. 毛虫の有毒毛に触れてしまったら早めに洗い流してしまいましょう。
  2. 毛虫の有毒毛を取り除くのには、ガムテープを貼ってはがしたりしても有効です。
  3. 皮膚炎にはステロイドの外用を処方します。程度がひどい時には内服もしてもらうことがあります。

▲戻る

by admin under 子どもの病気